あいあい整骨院 津山院

受付/9時~12時、15時~20時

肘の痛み

肘の痛みとなる原因と症状を紹介します。

よく痛くなる場所

  • 上腕骨外側上顆(肘の外側)
  • 上腕骨内側上顆(肘の内側)

主な原因

  • スポーツによる反復動作
  • 長時間の同一姿勢(赤ちゃんの抱っこ)
  • 急激な外力(腕を引っ張られて)など

肘部管症候群

肘の内側には肘部管というトンネルがあり、靭帯や骨でできた壁からなっています。
ここには上腕から尺骨神経と呼ばれる神経が指先に向かって通っており、その神経が肘をよく動かす仕事や、加齢に伴う肘の変形、肘部管にある靭帯やガングリオンと呼ばれるゼリー状の物質が詰まったこぶによる圧迫され、また子どもの頃に肘を骨折したり脱臼したりした経験がある人は、肘を伸ばしたときに外側に反る外反肘、反対に内側に反る内反肘になることがあり、痺れや握力低下を引き起こします。
肘部管症候群の治療は腕の筋肉の緊張を和らげる事と肘の関節を調節する事が重要になっているため、一度あいあい整骨院にご来院ください。

肘内障

肘の骨の一部が靭帯から外れて、肘の関節が亜脱臼している状態のことです。
関節から骨が完全にずれる完全脱臼とは異なり、少しだけずれています。肘内障は痛みを伴い、腕の曲げ伸ばしが難しくなるため、子供が腕を動かせなくなったり、腕が痛くて泣いたりしているときは、肘内障が疑われます。
もしお子様がこのような症状が出た場合はお近くの整形外科かあいあい整骨院にお越しください。

スポーツによる肘の痛み

外側の肘の骨が痛いときは、上腕骨外側上顆炎の可能性があります。通称テニス肘と呼ばれる病気です。
上腕骨外側上顆炎は、肘の外側の筋肉の炎症によるもので、肘の外側にある骨の盛り上がったところについている筋肉の使いすぎが原因です。手を酷使することによって、特に手のひらを外へ向ける方向の動作により、内側の肘の筋肉に炎症がおきやすいです。
物をすくい上げるような動きをしたり、手に力を入れる動作をしたときに痛むような場合は、これは上腕骨内側上顆炎という病気です。通称ゴルフ肘といいます。
これらの痛みは肘に負担をかけすぎているのが原因になります、また手首の使い過ぎ、肩関節の動きの悪さも影響していることが多くあり、肘の治療だけでは改善されないこともあるので、あいあい整骨院のトータルバランス療法を受けてみてください。

あいあい整骨院の肘の痛み解決法

肘の痛みの治療はあいあい整骨院におまかせください

あいあい整骨院ではこういった肘の痛みは、痛みが出る場所だけが問題があると考えていません。
体の歪みや関節のズレ、他の筋肉の緊張などにより、痛みが出る場所にストレスがかかり痛みを出す原因になっていると考えます。
その為、体全体のバランスを整え、筋肉の緊張をとり痛みのある場所にストレスを与えない様にする事が大事だと考えます。
その為に体全部を診させて頂くトータルバランス療法をお勧めします。
どこに行っても良くならない方は是非、あいあい整骨院にお越しください。

関節の痛み、慢性的肩こり、疲れが取れないなどでお悩みの方にあいあい整骨院では、トータルバランス療法をご紹介しております。
受付/ 9〜12時 15〜20時0868-35-0318 あいあい整骨院 津山院では、LINEでのご予約を受け付けております。 あいあい整骨院 津山院の料金表のページです。