あいあい整骨院 津山院

受付/9時~12時、15時~20時

あいあい整骨院ブログ

第4回ブログ 頭痛について あいあい整骨院津山院

第4回ブログ 頭痛について あいあい整骨院津山院

整骨院ブログ
皆さんこんにちは!

あいあい整骨院津山院の小林です。

9月に入り朝晩は冷える日も増えてきましたね。

日中との気温差で体調を崩さないように気を付けてくださいね!

今日は頭痛に関しての内容を書きたいと思います。




日本人の約4人に1人が週1回以上頭痛に悩まされています。あいあい整骨院にも多くの頭痛を患った方が来られますが、しかしながら頭痛の症状や対処法などは8割以上の方が正しい理解には至っていないのです。

頭痛にはさまざまな種類があり、特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる一次性頭痛と、病気が原因であらわれる二次性頭痛の、大きく2つに分けられます。

まずは一次性頭痛の説明を行います。

「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つが代表的です。緊張型頭痛と片頭痛が、混在する方もおられます。

「緊張型頭痛」は頭全体が締めつけられるような痛みがあります。精神的なストレスや、長時間同じ姿勢がつづくといった身体的ストレスが原因で首や頭の筋肉が緊張し、血流が悪くなることで起こると考えられています。また、パソコンやスマートフォンなどで目の使い過ぎによる疲労が筋肉のコリを引き起こし、頭痛を引き起こすこともあります。

「片頭痛」はズキズキと脈打つような痛みが特徴です。男性に比べて女性に約3倍多くみられる頭痛で、脳に血液を送る血管が拡張すると頭痛が起きやすくなります。また、生理周期にも関連して起こることも。排卵期や月経直前~月経初日に起きやすいケースもあり、女性ホルモンが関係しているのではないかと考えられています。吐き気が強く、光や音に過敏になることが多いです。その他にもストレスや疲労のほか、寝すぎ・寝不足といった不規則な睡眠、梅雨や台風時期の気圧の変化といったことがきっかけで頭痛が起こります。

「群発頭痛」は目がえぐられるような激しい痛みで、必ず頭の片側に起こります。一度症状が出ると、1~2カ月間、ほぼ毎日、同じ時間帯に頭痛が起きるようになります。多くの場合、痛みは15~180分程度続きます。体内時計が関係しているのではないかともいわれています。

次に二次性頭痛の説明を行います。明確な疾患が原因で突然に起こる激しい頭痛の事です。高熱・嘔吐を伴うこともあります。頭部外傷、クモ膜下出血・脳腫瘍・髄膜炎などが原因で起こります。急にバットで殴られた頭痛の場合や、今まで頭痛等ない方が急に頭が痛くなった際は早めに病院を受診するようにしてください。

あいあい整骨院ではこの一次性頭痛に関しては治療が行えます。
あいあい整骨院ではトータルバランス療法を行い、背骨や骨盤の歪みズレを調節し、筋肉の過緊張(固くなっている筋肉)を弛緩させ、血流や自律神経の乱れを正し頭痛の改善を図ります。また姿勢やストレッチなど生活指導をさせて頂いており、またわからない事や気になる事に対してもいつでも相談にのらせて頂いています。
ご本人や周りの方に頭痛に悩まれている方がおられましたら、一度あいあい整骨院にご来院ください。

 
あいあい整骨院津山院

電話番号086-38-0318
受付/ 9〜12時 15〜20時0868-35-0318 あいあい整骨院 津山院では、LINEでのご予約を受け付けております。 あいあい整骨院 津山院の料金表のページです。