あいあい整骨院 津山院

受付/9時~12時、15時~20時

あいあい整骨院ブログ

第9回ブログ 肩の痛みついて(40肩・50肩) あいあい整骨院津山院

第9回ブログ 肩の痛みついて(40肩・50肩) あいあい整骨院津山院

整骨院ブログ
皆さんこんにちは!
あいあい整骨院津山院の小林です。

ここ最近は急に季節が変わって突然寒くなりましたね、みなさん体調を崩されてないですか?適度な運動、バランスの良い食事をとり免疫力を高めて寒さに打ち勝ちましょう!

さて、今回のテーマは40肩・50肩についてです。あいあい整骨院に来られている患者さんにも、40肩・50肩の方がおられます。
まずは40肩・50肩について説明させていただきます!
ちなみに40肩と50肩の違いですが、名前は違いますが実は同じものです。
当初、50代で発症することが多いことから50肩と呼ばれていたのが、40代で発症した人に配慮して40肩とも呼ばれるようになりました。いずれにせよ40肩・50肩は俗称で、医学的には肩関節周囲炎といい、肩関節まわりの筋肉や靭帯が炎症を起こす症状をいいます。


 

Q.40肩・50肩は、いつ・どこが痛むのでしょうか?


A.
ほとんどのケースでは、これといったきっかけがなく痛み始め、数週間から数カ月かけて悪化していきます。
悪化するにつれ、肩を動かすときにピリッと刺すような痛みが走り、腕をあげたり、背中に回す動作ができなくなるため、上着の脱着、洗濯物干し、シャンプーや洗顔ができないなど、日常生活に不便を感じるようになります。ピーク時には夜間痛といって、夜眠れないほどの激痛に襲われることも。こうなると日中、何もしなくても痛みがあり、痛みの範囲も、肩全体から腕までと広範囲に及びます。

よく、肩こりのひどくなったものと言われる方もおられますが、肩こりと40肩・50肩はまったく別のものです。見極めのポイントは、肩を動かせるかどうか。
肩こりは40肩・50肩のように、肩が動かせなくなることはありません。痛みも、肩こりが重怠さであるのに対し、40肩・50肩は鋭い痛みなのが特徴です。
肩の痛みにはこれ以外にも20以上の疾患があり、中には腱板断裂、石灰沈着性腱板炎など、四十肩・五十肩と見分けがつきにくく見逃されている疾患も多くあります。なので、一度肩の痛みが動かして強く出現する場合は、整形外科を受診しレントゲン検査などを行い、なぜ痛みが出現しているのか?その原因を見つける事が大事になってきます。


 

Qなぜ40肩・50肩になってしまうのでしょうか?


A.
実は、原因は明らかになっていません。
一説には、加齢やデスクワークなどで同じ姿勢を続けて肩関節まわりがこわばった結果、傷つきやすい状態になることが損傷のきっかけを作るといわれています。なので、長時間のデスクワークやあまり運動をしない方は注意が必要です。なので、デスクワークの方や運動不足の方は日常的に肩を動かす事が必要です。


 

Q.セルフケア方法は?


A.
セルフケアのやり方を説明します。寝る際に痛い方の肩を下にしないようにしてください、寝る時はニュートラルポジションといって痛い方の肩の下にタオルを敷いて、寝具と肩のすき間を埋め、脇にクッションをはさんで寝てもらったほうが痛みにくいので試してみてください。


 

Q.あいあい整骨院では何ができますか?


A.
あいあい整骨院での40肩・50肩の治療についてです、あいあい整骨院ではトータルバランス療法で姿勢の改善、手技と電気治療で肩周り、そして全身の筋肉の調整を行い改善を図り、また必要と感じた方にはテーピングもさせて頂きます。あと自宅でのストレッチ、運動などの生活指導もさせてもらいます。もしご自身や周りの方に40肩・50肩の方がおられたら、一度あいあい整骨院にご来院ください。



あいあい整骨院 津山院

0868-35-0318
受付/ 9〜12時 15〜20時0868-35-0318 あいあい整骨院 津山院では、LINEでのご予約を受け付けております。 あいあい整骨院 津山院の料金表のページです。