あいあい整骨院 津山院

受付/9時~12時、15時~20時

あいあい整骨院ブログ

第10回ブログ 股関節の痛みについて あいあい整骨院津山院

第10回ブログ 股関節の痛みについて あいあい整骨院津山院

整骨院ブログ
皆さんおはようございます! あいあい整骨院津山院の小林です。 最近、家での筋トレにはまっています、特に体幹トレーニングにはまっていてプランクをしています。今はまだ30秒ぐらいしかできないですが、2分目指して頑張ります。皆さんもこのご時世外にでにくいと思うので、家でトレーニングしてみましょうね! また、あいあい整骨院にはEMSも置いており、寝ながら筋トレができる電子機器なので、一度試してみてくださいね。 さて今日のブログのテーマは股関節について書かせていただきます。 まず、股関節とは、骨盤と大腿骨をつなぐ関節のことで、足のつけ根にあります。大腿骨の一番上の部分が球状になっており、それを包み込むように骨盤の骨がかぶさっています。接触部分が球状であるため、前後左右、あらゆる角度に下肢を動かすことができるようになっています。体を支える、歩く、座る、走るなどの日常生活に欠かせない動作を行う、重要な関節の一つです。その為、負担がかかりやすい関節でもあります。 股関節の痛みにはさまざまな原因があり、股関節周囲炎、変形性股関節症、先天性股関節脱臼、大腿骨頭壊死などに疾患があり、急に痛みが出てきた際などは整形外科に受診しレントゲン検査を受ける事をお勧めします。 股関節の痛みを予防するには股関節周辺の筋肉の柔軟性を向上させる必要があります。どの筋肉か説明します。まず腸腰筋です、腸腰筋は股関節の前面、足のつけ根にある筋肉です。 歩きすぎや、しゃがむ・立ち上がるなどの動作を行います。次に大腿四頭筋です、大腿四頭筋は太もも前面にある大きな筋肉です。股関節とは直接関係ないように思いますが、股関節と膝関節の両方を通過している筋肉なので、股関節を曲げ、膝を伸ばす動きをします。そして大臀筋、中殿筋です、このお尻の筋肉は股関節を外に広げたり、後ろにする働きがあり、また中殿筋は立っている時に骨盤を安定させる作用もあります。また大腿二頭筋や内転筋のストレッチも大切です。ストレッチのやり方は来院された際にもお教えしますが。ネットにも動画があると思いますので参考にしてみるのもいいと思います。 あいあい整骨院での股関節の治療は股関節だけにアプローチするだけではなく、身体全体の治療を行い、股関節にかかる負担をへらし、痛みの改善を図っていきます。また生活指導やストレッチ指導もさせてもらいます。股関節の痛みがあり、お困りの方は一度あいあい整骨院にご来院ください。 あいあい整骨院津山院 電話番号086-38-0318
受付/ 9〜12時 15〜20時0868-35-0318 あいあい整骨院 津山院では、LINEでのご予約を受け付けております。 あいあい整骨院 津山院の料金表のページです。